肌トラブルの原因

美肌肌トラブルの原因にはいろいろなものがあります。間違った洗顔と間違ったスキンケアがあります。この2つの間違いの中には洗顔料や石けんやスキンケア化粧品の対応年齢と、自分の年齢が合っているかということがあります。若い頃から気に入ったスキンケア化粧品や洗顔料をずっと使っていても、やはり30代になったら、エイジング系のものを使用することが大切です

逆に若いうちからエイジング系のものを使用すると、肌を甘やかしてしまい自力で美肌をつくる働きが低下してしまいます。しかし30歳を過ぎたら、やはりエイジング系を意識した成分が配合しているものを使用しないと、そのときの肌をサポートすることができません。そのため大きく分けて「10代、20代」「30代、40代」「50代、60代」と3つに分けて、洗顔料やスキンケア化粧品を見直すようにしましょう。

このようにスキンケア全体を、年齢に合わせることはとても重要であり自分の年齢にあったものに変えていくという柔軟的な考え方が大切です。逆に何歳になっても変わらず続けたいことは正しい洗顔方法です。年齢別を意識することも大事ですが肌質別の洗顔に着目するのも良いことです。肌質別の毛穴ケア方法を教えている美容皮膚科のサイトなどもありますので参考にしてみると良いでしょう。そして、洗顔はあくまでもお湯でなく水かぬるま湯を使用し、肌に優しい泡洗顔をすること。そしてしっかりすすぎ、タオルで拭くときはこすらないという基本はずっと変わらず注意していきましょう。