肌トラブルの原因

美肌肌トラブルの原因にはいろいろなものがあります。間違った洗顔と間違ったスキンケアがあります。この2つの間違いの中には洗顔料や石けんやスキンケア化粧品の対応年齢と、自分の年齢が合っているかということがあります。若い頃から気に入ったスキンケア化粧品や洗顔料をずっと使っていても、やはり30代になったら、エイジング系のものを使用することが大切です

逆に若いうちからエイジング系のものを使用すると、肌を甘やかしてしまい自力で美肌をつくる働きが低下してしまいます。しかし30歳を過ぎたら、やはりエイジング系を意識した成分が配合しているものを使用しないと、そのときの肌をサポートすることができません。そのため大きく分けて「10代、20代」「30代、40代」「50代、60代」と3つに分けて、洗顔料やスキンケア化粧品を見直すようにしましょう。

このようにスキンケア全体を、年齢に合わせることはとても重要であり自分の年齢にあったものに変えていくという柔軟的な考え方が大切です。逆に何歳になっても変わらず続けたいことは正しい洗顔方法です。年齢別を意識することも大事ですが肌質別の洗顔に着目するのも良いことです。肌質別の毛穴ケア方法を教えている美容皮膚科のサイトなどもありますので参考にしてみると良いでしょう。そして、洗顔はあくまでもお湯でなく水かぬるま湯を使用し、肌に優しい泡洗顔をすること。そしてしっかりすすぎ、タオルで拭くときはこすらないという基本はずっと変わらず注意していきましょう。

洗顔石けんについて

石鹸洗顔はスキンケアの基本であり、正しいやり方はとても重要です。そしてそれと同時に洗顔石けんも注意しなければなりません。今まで当然のように使われているのが、アルコール系の洗顔料や洗顔石けんです。しかし合成界面活性剤が使用されているものは、毛穴の中の必要な皮脂まで取ってしまい、乾燥肌や敏感肌をつくってしまう原因になっています。ときには皮脂の過剰分泌で脂性肌になってしまうことも。このように肌トラブルの原因に、洗顔料や石けんが多いに影響しているのです。それにアルコール系の洗顔料はさまざまな添加物も含まれており、長期間使い続けることによってアレルギー肌、敏感肌などの原因にもなります

そこでおすすめな洗顔料、石けんは、やはりナチュラルな自然成分で作られたもので、無添加のものがおすすめです。最近はアルコール系洗顔料や石けんでも、「天然成分配合」という謳い文句を強調している商品もありますが、天然成分配合というものは、天然成分「藻」を配合しているということで、天然成分100%ではないので間違えないようにしなければなりません。天然成分100%のアミノ酸系の洗顔料や石けんは、他に美容成分などたっぷり含まれているものも多く、肌のためにも是非おすすめです。そして洗顔のときにはお湯は避けて水で洗うようにしましょう。

スキンケアの基本

スキンケアの基本と言えば、やはり洗顔です。洗顔の方法、洗顔石けんなど、間違っていると幾ら良い化粧品を使ってもなかなか肌トラブルは治りません。特に乾燥肌、シワ、たるみ、などは洗顔がとても重要となるのです。ここでは正しい洗顔法についてご紹介しましょう。

泡立てまずメイクをしている場合はクレンジングを行いますが、クレンジングにもいろいろなタイプがありますが、できるだけ刺激の少ない肌に優しいものを使用したいものです。そして次に洗顔となりますが、洗顔料は泡洗顔が出来るタイプがおすすめ。泡洗顔は極力肌をこすらずに優しく洗えるからです。泡洗顔なら手の平と顔の表面が軽く触れる程度に優しく洗うことができます。そして次はすすぎです。すすぎはしっかり石けん分が取れるまで、しっかり行います。また洗顔は朝夕の2回にしましょう。洗いすぎは逆に肌を傷めてしまいます。そして朝は軽めに洗い、夜はしっかり洗うようにします。

最後に顔をタオルで拭きますが、できるだけ柔らかく水分を吸い取りやすい、タオルを使用しましょう。そして拭き取るのではなく、軽く顔にタオルを押し当てて水分を吸い取るようにします。洗顔した直後は皮膜が取れてしまっているので、こすることは肌をボロボロにしてしまう原因になるのです。そしてもう一つ注意することが洗顔時の水温です。温かいお湯で洗ってしまうと、乾燥肌の原因となってしまいます。できるだけ常温の水で洗顔することが基本です。